黒シュナ・エマの日記

2014年3月31日生まれの黒ミニチュアシュナウザーエマとその家族の日記です

スポンサード・リンク

伊豆・吉奈の東府やResort&Spa-Izuで非日常のひととき

 先週末、伊豆・吉奈の東府やで日々戦い疲れた体を癒やしてきましたw

f:id:emmapapa:20170925232045j:plain

和のリゾート

 小さな温泉地、吉奈温泉にある、3.6万坪もの敷地に客室、離、食事処、温泉が点在する東府や。

 敷地内にゆったりとした時間を過ごせる足湯が併設されているベーカリー&カフェもあります。

 注文をしてから作っていただけるホットサンドなどとても美味しそう。このあたり一体が自然の中なので、ピクニックのランチとしても最高です。

f:id:emmapapa:20170925232637j:plain

 全体に古式ゆかしき和の調度ですが、エントランスは高い天井で開放感があります。

 

大正生まれの東府や

f:id:emmapapa:20170925232730j:plain

 敷地はかなり広いので、目的を持って行き来する場合は結構歩数が稼げますw

 なんでも大正14年竣工の老舗旅館「東府屋」を、伊豆のリゾート会社が買い取って、東府やResort&Spa-Izuとして再出発させたそうです。どうりで古い作りのものがいっぱいあるはずです。

露天風呂は日本情緒満載

f:id:emmapapa:20170925233433j:plain

 類にもれず夕と朝で男風呂女風呂が入れ替わるシステム。こちらは夕方から夜にかけて男風呂になる露天風呂です。

 途中貸切状態になり、カメラ持ってこなかったことを後悔しましたが、苔生す岩場があり温めの露天風呂はいつまでもいたくなります(湯あたり注意)。

 

古いだけじゃない機能的なサービス

f:id:emmapapa:20170925233816j:plain

 古い旅館にありがちな、なんでもかんでも大正ロマン風ではなく、しっかりと現代の利便性も取り入れたお部屋で、不便さはなにもありません。

 個人的には、ネスカフェネスレマシンがおいてあって、自由に淹れたてコーヒーが飲めるのが嬉しいですね。朝とか、お茶じゃ物足りないですから。

f:id:emmapapa:20170925234642j:plain

 

東府や アクセス

  東京からの場合、東名沼津で降りて、伊豆縦貫道→伊豆中央道修善寺道路をひたすら真っすぐ走る感じ。自動車専用道が近くまであるので、ドライブはとっても楽です。

 

国内旅行・ホテル・旅館の予約サイト一休.com限定プランはこちらから

とうふやリゾート&スパ-イズ 静岡県/伊豆・吉奈~川のほとりに点在する5箇所のお風呂が愉しめる東府や~ 特別価格!+ポイント最大5倍!