黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

爆釣本牧海釣り施設!こんなものも釣れた!

 夏休みイベント第一弾ということで、先日本牧海釣り施設に行ってきました。

 このところ不調続きだったので、今回はしっかり準備を整えて気合いれての釣行です。

 

f:id:emmapapa:20170723151502j:plain

前回の反省を踏まえて

 本牧海釣り公園の駐車場についたのが3時半。すでに結構な釣り人達が到着していましたが、これまで一番早い到着だけあって、停車位置も入り口に近い場所でした。

 前回、前々回とサビキにもかかわらず数匹程度しか釣れなかったので、いい場所取ろうと早くでましたが、開場まで長かった....。

 写真にあるようにライフジャケットも自前のものを購入。本牧海釣り施設は小学生が渡り桟橋で釣りをするときはライフジャケットが必須です。必須、と言っているだけにレンタルしてくれるのですがどうしてもサイズと状態を選ぶのに時間が掛かってしまうので(しかもニオイが...らしい。)、これから数年使うことを考えて、買うことに決めました。

 あとは、リールに巻くラインも、これまでのようにワゴンセールのナイロンものを縺れるまで使い倒す(w)のではなく、ちょい高めのナイロンラインを前日にリールに巻き直しました。

 気合十分です!

スタートから爆釣!

 子供の仕掛けを準備してやり、自分のロッドに手をかけたらいきなり子供が「キタキタキター。」

 「早いなっ。やったね。」と魚を取ってあげて、仕掛けを海面にリリースしてあげて、自分のタックルに向き直った瞬間、「マタキタ~!」

 ・・・

 これが4、5回続きました。もうエサのオキアミを補充することなく、入れたら掛かるを繰り返して、あっというまにクーラーボックスの底が見えなくなるほど、イワシを釣り上げました。

 一匹アタリが写ってますけど(^^)

f:id:emmapapa:20170723155206j:plain

 

 イワシはあごが弱いので上げるときポロッとよく針から落ちるんですが、子供は「あ、落ちた、いいや。つぎつぎー。」と、全く気にしません。前回の数匹しか取れなかったときとは大違いです。

 あと、やっぱりラインを換えたのが正解でしたね。いつも1時間ほどすると、ヨレて絡まる糸の対応に迫られるのですが、今回は1回もなかった。やはり道具に金を掛けるのは、その後の楽しみも買える、と実感。

 

[閲覧注意]こんなのが着いてきた!

 

 と、爆釣に浮かれているなかで、こどもが「なんかついてるー。」と言ってきたのがこれ。

f:id:emmapapa:20170723170859j:plain

 こ、これは...?

 

ウオノコバンだと聞いて、まずはwikiを検索してみたら

(;゚□゚)ノギャアアーー!!

ウオノコバン―水産食品の寄生虫検索データベース 

全然ちがう。まるでサイコ-ウオノコバンと言いたくなる風貌。。。

画像検索では、そっくりの小判型の淡い色合いでやっぱりウオノコバンらしい。人には寄生しないそうです。大漁のなかでよくこの1匹見つけたものです。

・・・ほんとうに一匹にだけだったのかな。。。。

 

終わってみるとヘロヘロ

 考えてみたら、エサをカゴに入れるのにしゃがみ、海へ投げたらすぐ掛かってクーラーボックスへ魚を落とし、またエサを入れて、、の繰り返し。考えてみたら、筋トレ(スクワット)しているのと同じで、膝は笑ってるし筋肉痛で歩き方変になっちゃいました。

 それと快晴の下でずっと釣りしていたのですが、海の上は風がずっとあるのでやっぱり涼しいですね。帰りに事務所を出て駐車場へ向かうところが防波堤で風が遮られていて一番暑かった。

 

 うちではエマがクーラーの部屋で、ぼくたちの帰りを待っていたそうです。

f:id:emmapapa:20170723173538j:plain