黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

南伊豆旅行は絶景の連続でした~田牛エリア

南伊豆旅行の続きです。

田の牛と書いて「とうじ」と読みます。自然いっぱいのこのエリアは、ノスタルジーにも浸れるすばらしいところでした。

f:id:emmapapa:20170605225949j:plain

海食洞という洞窟

田牛にある名刹、海底火山の名残という竜宮窟について伊豆半島ジオパークから引用します。

 伊豆最大級の海食洞である龍宮窟は、天井が一部崩れ、直径約50メートルの天窓が開いています。道路沿いの入口から洞窟を通って天窓の下に、また、遊歩道を歩いて上から覗くこともできます。洞窟の壁には海底火山から噴出した黄褐色の火山れきが美しく層をなし、天窓の底を満たす青い海水とのコントラストが神秘的です。

f:id:emmapapa:20170605230058j:plain

洞窟から漏れる光が、水面を照らしてきれいなエメラルドグリーンになっていたのが印象的。世界中にこういった海食洞がありますが、どこも水面がきれいですよね。

 

f:id:emmapapa:20170605230442j:plain

洞窟内の影に合わせると、明るい部分がこんな風に白飛びしてしまうので、なにげに難しい撮影ポイントです^^;

 

エマもしっかり竜宮窟に訪れてます

f:id:emmapapa:20170605230907j:plain

 

外周にでて例の撮影ポイントへ

竜宮窟は、このように中に入れるのですが、この洞窟周辺をあるく道もあるということで、一旦外に出てから岩肌を登ります。(当然階段が整備されてます。)

f:id:emmapapa:20170605230829j:plain

 

相変わらずいい天気で、木々の切れ目から見える海はほんと青かった。

 

そして、侵食によりハート型に見えるという例の撮影ポイントへ。

 

f:id:emmapapa:20170605231143j:plain

 

 

どうでしょうか...。ハートの上半分といったところでしょうか。。。

 

ん? 左側の人影は...。

 

f:id:emmapapa:20170605231245j:plain

 

そうです。花嫁さん撮影していたのでした。

最初ポスターとかの商業撮影かと思ったのですが、いかにも幸せそうなお二人とカメラ業者らしい二人という少人数ロケハンだったので、ほんとのウェディングフォト撮影だったのでしょう。

いいですねぇ。ほっこりしました。

 

お二人ともお幸せに!

 

もう一つのスポット サンドスキー

田牛エリアでメジャーなもうひとつのスポット、サンドスキー。

でも、この天気...。焼けてヤバそうだったので、諦めました。子供も意外とすなおにひきさがってました。

f:id:emmapapa:20170605232045j:plain

これは竜宮窟の外輪から撮影したサンドスキー(場?)。傾斜は大きいところで30度らしい。スキーで30度といえば、上から見ると「壁じゃん(泣)」ってなるところですが....。

なんでもこの傾斜は、上から落ちる砂と下から吹き上げられる砂で均衡を保っている角度なんだそうです。

 

田牛海岸はやっぱりきれかった

f:id:emmapapa:20170605232439j:plain

砂浜エリアも、海岸線も少し狭めの田牛海岸。ですが、周辺の海岸に比べてすこしマイナーということで、それほど混まないそうです。夏休み家族旅行におすすめポイントですね。

ただし、小さいお子さんにとっても便利かどうかは、まだ海開き前だったのでよくわかりませんでした。

 

さて、このあとはエマと涙のお別れ、そして宿で未知との遭遇ですが、それはまた別のお話ということで。