読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

アマゾンで文房具が安くてびっくりした話

ほとんど文房具なんて使わない日々

f:id:emmapapa:20170109001414j:plain

ほぼ仕事や日常の記録・記録を、スマホのメモやカメラ、そしてパソコンで賄っている僕にとって、文房具はかなり縁遠いものになっています。

ですが、スマホやPCなどが持ち込めないケースがあるので、ペンとノートはちゃんと持っています。当然か。

 

このようにあまり出番のない文房具ですから、新しいペンやノートもさることながら、シャー芯や消しゴム、替えインクとった消耗品でさえ、購入頻度は恐ろしく低いです。

たぶん、半年に1度ぐらいのペースじゃないかと思います。そして購入時は、というと、使おうとして無くなったとき。

つまり緊急を要するわけでして、オフィスや外出先でGoogleMapで店をさがして買うので、品や値段を選ぶ余地なんてほぼゼロです。あればいいというレベルでした。

文房具を買う頻度が増した

そんな状態でしたが、子どもたちが大きくなったこともあり、購入頻度が急に多くなって、定価購入に納得が行かなくなってきました。

例えばシャー芯。コンビニで1つ200円しますが、この値段って僕が子供の頃から変わってないんですよね。入っている本数なんて覚えてませんが、きっと一緒だと思います。

アマゾンでシャー芯を見つけたときの衝撃

そんななか、夜になってシャー芯がなくなり、明日必要ー!と、ありがち要求されたので、アマゾンでシャー芯がいくらするのか、見てみてびっくり。 

ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン HB XC275HB-3P 3個パック

ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン HB XC275HB-3P 3個パック

 

 3個入って、1個分タダじゃないですかーっ。しかもプライム対象になっているものもいくつかあり、送料もタダ。

そんなことなら、と、僕の愛用のボールペンジェットストリームの替芯を探してみたら、やっぱり...。

 こちらも、5本入りですが1本以上安くなっています。

いままで、なんだったのか...。

 

 

このような検索をすると、世の中どんなものが出回っているのか気になるのが人のサガでして(^_^;) 、いくつか見てみたら、いろいろ進化してるんですねぇ。 

上のシャープペンは、話題の「クルトガ」。発売以来、いろんな雑誌で取り上げられているそうで、使いながらくるくる芯を回すことで、常に尖った状態を作り出す画期的なシャープペンだそうです。

 

続いては、アマゾンで筆記具ランキング1位になっているシャープペン。

チャック(カチャッと芯を繰り出すときに、シャー芯をつまむ部品のこと)が、金属製で、シャー芯をがっちりキャッチするため、筆圧が高くても芯が引っ込まないらしい。

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

 

 

 さらに、グリップ部分のラバーシリコンにこだわり、硬め・柔らかめと好みで選べるものも出てました。ただ、グリップ部分って1年もすれば、グニュグニュになってはずれちゃってましたが、今のは違うのかな。。。

 

最後に

こんな風に、高機能な部分を見せつけられると、ちょっとこだわって手に入れたくなっちゃいますね。百均シャーペンみたいに、すぐなくさなくなるかな。。。