黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

(家財の補償)火災保険が、かなり万能だった件(忘れてた)

f:id:emmapapa:20160929222629j:plain

 ある日突然うちのエアコンが冷風を出さなくなってしまいまして、買い換える羽目になりました。痛い臨時出費に泣いていたわけですが、あとで「火災保険で家財が補償されることを忘れてませんか?」的な記事を読み、半信半疑で契約している火災保険の事故担当へ連絡したところ、なんと補償されました!やた!

photo credit: Dick Thomas Johnson Air Conditioner via photopin (license)

火災保険の建物・家財に関する補償

 火災保険に加入する際、一般的に「建物のみ補償」、「家財のみ補償」、「建物と家財両方の補償」を選ぶことになります。

 ボヤ程度の火災の場合、建物の修繕より家財の被害損額のほうが大きくなるため、家財補償があるんだそうですが、火災が原因でなくても保険金が支払われるケースがあります。

 ここで、上述したように「壊れた家電を家財保険が補償すんの?」と思って、エアコンのことを保険屋さんに相談したわけですが、そもそも建物、家財は以下のように分類されているんですって。

  • 家財:タンス・机などの家具、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなどの家電、衣服など
  • 建物:エアコン、給湯器、IHコンロ、ガス台

 そうです。うちのエアコンの場合、家財保険じゃなくて火災保険で補償されていたわけで...。なお、経年劣化による自然故障(破損)は補償対象外だそうです。

補償を得るには、証拠が必要

 当然、持ち主の言い分だけで保険金が降りるわけではなく、基本的には保険屋さんに電話して査定担当が査定するそうです。

 うちは、すでに買い替えてしまったあとだったのですが、故障時にメーカーサポートに故障診断していました。結果的にそのエビデンスがあって、補償対象になることができました。よかったー。自己判断で買い替えてたら、なんにもなりませんでした。みなさんも気をつけてくださいね。

台風・大雨で屋根が破損したら補償対象

f:id:emmapapa:20160929222157j:plain

photo credit: Douglas Pfeiffer Cardoso Pássaro no Telhado via photopin (license)

 

 今回ネットで調べていて、はっとしたのが、台風などの暴風雨で壊れた屋根や壁が火災保険で直せるということ。

 火災保険という名前で惑わされていましたが、風災や水災、落雷などの自然災害は火災保険の対象ですよね。すっかり忘れていました!

 さらに、屋根が破損しなくても雨漏りしたとか、自然災害が原因となる被害であれば補償してくれます。

 ここで、『「経年劣化による故障(破損)」は対象外なんじゃ...』と気づいた方、鋭い。確かに、屋根と言えど経年劣化による破損は対象外だそうですが、それを判断するのはあなたでもリフォーム屋さんでもなく、保険屋さんですから。家電よりも素人のあなたが自己判断できる領域じゃないですし、実際に保険対象になるケースがあるそうですよ。気になっている人は保険の事故担当へ連絡しましょう!