読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

子犬を飼うとき、サークル・ケージって必要?

ライフハック シュナウザー

子犬がうちにやってくるとなると、いろいろ必要な買い物がありますよね。

犬用トイレ・シートや、ベッド・カドラー、そして、題名にもしているサークル・ケージです。最近トイプーのパパになった友人に相談されて、ケージ購入の経験を思い出してみました。

  

犬用ケージって必要なの?

うちにミニシュナが来ると決まったころ、ケージは買うつもりはありませんでした。

先代はケージを使ってませんでしたし、必要性を感じていませんでした。

そんな感想を周りに話してみると、ほとんどの人が購入していることにびっくり。その人たちの意見は、「犬は自分のテリトリーがあってこそ落ち着くもの。人の部屋のサイズは犬にはちょっと広すぎる。」といった内容のものでした。

少数派ではありますが、ケージがないお宅の場合は、「ケージがなくてもふつうに過ごしてる。そんな狭いところに閉じ込めるのはかわいそう。」でした。

 

結局、自分のエリアは確保してあげよう、ドアなど閉じ込めなければ閉塞感もなくなる、ということで、ケージを買うことに決定しました。

 

ケージのサイズ選び

まずケージを買うとき、最初に悩むのがサイズです。

前述のとおり、ケージ推奨派の場合、犬はむしろ狭いところのほうが落ち着くので、そんな大きなものは不要。ジャストサイズぐらい(犬がぎりぎり方向転換できるぐらい)がいいとのことでした。

かたやエマを譲ってもらったブリーダーさんの意見は、「ミニシュナは運動量が多いので、150cmぐらいあったほうがいい。」とのこと。真逆の意見で、最初戸惑いましたが、目的が違うってことですかね。

・ケージで寝起きさせるだけなら、ジャストサイズ

・遊び場として提供するなら、広く。

なのか。ここは大いに悩みましたが、伸縮タイプの存在を知り、伸縮機能のケージを選ぶことにしました。

 

床板はトレー式を選ぶべし

パピーのころケージ内でトイレトレーニングをしていましたが、どうしても外したりめくれたシートの下に、やっちゃったり...。

でも、トレー式だったのでさっと水洗いできて便利でした。あまりトレー式じゃないケージはみませんが、確認しておいたほうがいベターだとおもいます。

 

サイズ以外にケージを選ぶポイントは

天板付きのものがあります。飛出し防止以外に、上部の家財道具の落下防止としても、天板があるものを選びました。まだ東日本大震災の影響が冷めやらぬ時期でしたので。

あとは、セパレーター付きのものもありますね。大き目のケージの場合、トイレスペースと居住スペースの間仕切り用として使うようですが、これはちょっと疑問です。うちのエマの場合、トイレでちゃんとしますけど、居住空間の近場では絶対しません。人間よりその辺敏感な犬などの動物は居住空間からできるだけ離れたところに排泄するというのも聞いたことあります。

結局のところ、うちのケージはおまけでついてきましたけど出番はないですね。

 

結果このケージを買いました 

f:id:emmapapa:20160523225113j:plain

伸縮機能、天板、トレー床板です。

あと、木目でリビングの調度にあう点も、こちらを選んだ理由です。

 犬用ケージ(amazon) にいろいろありますが、うちで買ったものはもうないですね。。。安売りしてたのは、あのとき商品入れ替えだったからか。