読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

昔見た映画 また見たくなる映画

こんばんは

当ブログで映画や洋ドラマを紹介したりしていますけど、僕は映画評を書き綴るほどじゃないものの、結構な映画好きです。

 

最近の映画より昔見た映画が好きで、たまにレンタルなどでもう一度見たりします。

そういう映画の1つに、ウィルスミス主演の「7つの贈り物」があります。

 

7つの贈り物

 

ネタバレは避けたいのでストーリーはさらしませんが、原題は画像にあるように「Seven Pounds」。

邦題は前述したように「7つの贈り物」。

Pound(s)には、贈り物という意味はありません。

Pound(s)は、ヴェニスの商人アントーニオがシャイロックに借りた借金の形に返さなければならない1ポンドの肉からきているそうです。

 つまり、借りを返すというのが本作品のテーマです。

この映画は好き嫌いが結構あるみたいですね。

最後まで伏線のオンパレードでネタあかしはしない脚本だからかなぁ。

難しい映画だと言う意見が大半ですけど、最後まで見てください。

映像美となんといっても挿入曲の美しさでカバーできます。

一応映画のジャンルは伝えておかないとですかね。これは「泣く映画」です。

 

幸せのちから

アメリカンドリームの王道といいますか、実在の大物実業家「クリス・ガードナー」がモチーフになった映画です。

ホームレスとして教会から施しを受けるほどまで困窮しつつも、息子とともにいつか成功してみせると、努力を重ねるというストーリーです。

たしか、本当の息子ジェイデンスミスと初共演した作品じゃなかったですかね。

この他アフター・アースなど、親子共演作品があります。

お金に困っている主人公が、フェラーリの所有者を捕まえて問います。

「2つ質問がある。あなたの仕事は何で、どうやってそれを見つけたか?」

ぐっと来ますね。

あと住むところがなくて子供を会社のデスクの下に隠しながら仕事をしたりとか、こういうシチュエーション、弱いなぁ。

 

 

ハンコック

2つ続けてヒューマン系の作品をご紹介しました。

でも映画って、あんまりなんも考えずにスカッと見たい時ってないですか?

そんなときにオススメなのが「ハンコック」です。

原作はもしかしたらアメリカンコミックなのかな、でもマーベルの宣伝はなかったようにおもうし、よくわかりません。

映画のスタートから、わかりやすいハチャメチャぶり発揮ですが、ちゃんと予想外の展開も用意されています。

ぼーっと見たい時にどうぞ。

 

最後に

ウィルスミスは、その体系のわりにヒューマン系が多いので惹かれる率が高い気がします。

MIBとかBADBOYSとか他にもいろいろありますが、また見たくなるのはこの3つですね。

次回、また見たくなる映画アンジー編とかネタ集めときます(`Д´)ゞ