読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

ソニーα6000が狙い目!!

SONY ミラーレス一眼 α6300 パワーズームレンズキットILCE-6300L

やっぱり新商品というのは、それだけで魅力がありますね...。

3月11日に発売になった、sony α6300 (ILCE-6300) またまた世界最高の機能を引っ提げて堂々デビューでした。 

 

schnauzer-emma.hatenablog.com

 

でも、新機種がでるからこそ、旧機種がお買得になるというもの。

sony α6000 の価格帯はこちら

f:id:emmapapa:20160323232755p:plain

 

う~ん。びっくりするほど下がってないな...。

でも、7万円台でα6000のダブルズームレンズキットが買えること自体びっくりかもしれないです。

 

α6000は初心者に魅力のダブルズームレンズキットあり

上で貼ったリンクにありますが、α6300にダブルズームレンズキットはありません。

α6000から買い替えなら問題ないですが、これからデジイチを始めようというような初心者にはちょっとさびしいラインナップです。

 

その点、α6000はダブルズームレンズキットとして210mmまでカバーできます。

210mmは、ざっくりいうと普及版コンパクトデジカメでメジャーな倍率までズームできるため、ズームの観点ではコンデジ卒業者にとって、使いやすいんですよね。

ソニーα6000のアクセサリたち

せっかくデジカメ買ったなら、アクセサリも充実させたいですよね。以下で、α6000用の必要最小限のアクセサリをご紹介します。

せっかく買ったんだから、という主にカメラの保護・メンテナンス用です。

 

液晶保護フィルム

ストラップで首から下げていると背面液晶に細かな傷が結構つきます。

 α6000の背面液晶はタッチパネルではないのですが、いろんな情報が表示される液晶パネルはきれいに使っていきたいですよね。

 

ちなみに、保護フィルムをきれいに貼る方法は、こちらの記事で紹介していますのでよろしければどうぞ。 

schnauzer-emma.hatenablog.com

 

高級感を出すボディケース

革製のボディケースは、無骨なα6000のボディに高級感を出す必須アイティム。

 

キャリングケース

キャリングケースの場合は、耐衝撃から守れるように丈夫なものを選びましょう。

 キャリングケースに抵抗があるという方、普通のカバンに入れるならせめてラッピングクロスを準備しましょう。 

取り回しはキャリングケースにかなわないですが、ちゃんとカメラを保護してくれます。

レンズフィルター 

また、ただでさえ撮影時にレンズ交換なんて面倒なのに、レンズフィルターまで付け替えるなんてこと、まずしません。

安い買い物なので、ぜひ買っておきましょう。 

 

レンズクリーナー

 レンズの掃除は、安物のキットをいくつか試しましたが、銭失いでした...。

結果、以下のクリーナーに落ち着いています。

  

 シルボン紙は、どこのものでもいいと思いますが(たぶん)、どれも大量に入っているので、一生使えます(たぶん)。

 

最後に

カメラを買うと、カメラライフを充実するためといって、フラッシュとか交換レンズとかいろいろ購入選定に事欠きませんが(哀)、上記のアクセサリを揃えたら、まずは腕を磨きたいですね。

と、もっか修行僧の戯言でした。