読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

キッチンのシングルレバー混合栓の不具合を自分で修理してみた

キッチンのシングルレバー混合栓ですが、以前から温水―冷水、水を出す、水を止めるといった操作をするたびに、きゅーきゅー音が出始めてました。

 

しばらくだましだまし使っていたのですが、そのうち動きがカクカクするようになってしまってもう限界。

 

というわけで、このたび自分で修理しました。

 問題のシングルレバー混合栓

f:id:emmapapa:20151107113335j:plain

うちのキッチンのシングルレバー混合栓は、KVK社のKM346とかいう混合栓です。 KVMは、TOTOやINAXに負けず劣らずの企業で、このメーカーの混合栓を使っている方も多いのではないかと思います。

 

うちの混合栓は、新築のころからついているもので、もう10年。

シングルレバーは、これまでも何度か外して掃除っぽいことしていましたが、今回問題になっているのは、カートリッジと呼ばれる部分のようで、本格的にバラす必要がありました。

KVK社混合栓の各種パーツに関しては、うえのリンクに取説がありますのでご参考にどうぞ。

 

やっぱり工具は大事ですね

以前にも、水回りのDIYの記事にしましたが、 

schnauzer-emma.hatenablog.com

 結構家のメンテナンスは自分でやるほうなので、「まずは開けてみるか」と、ありものの水栓用プライヤーでトライ。

 

が、おそろしく硬く、水回り特有の薄い六角ナットだったため、若干なめ気味に...。

 

しかたなく、ちゃんとした工具を探すことにしました。

 

専用工具かモーターレンチか悩んだあげく

シングルレバー混合栓の型番からアマゾンで検索してみたところ、なんとKVK社混合栓専用の工具があるんですね。。。

 

参考までに、候補にあがったモーターレンチと、今回購入したKVK専用固定ナット取り外し工具G22、KVK専用シングルレバーカートリッジ取り外し工具G26をのっけます。

 

 

 

悩んだのが専用工具G22にしようか、汎用性のあるモーターレンチにしようかというところ。

 

G22は言わば38mmのメガネレンチ。こんなでかいナットは(たぶん)うちにはほかになく、この混合栓専用になりそうなのが悩みです。

 

でも、無理すると取り返しがつかなそうなので、やむなくG22を購入することにしました。

G26のほうは、G22で固定ナットを回す時に台座を固定するもので、他の工具で代用することができないので、これも購入しました。

 

 

品物到着 さっそく修理に取り掛かる

f:id:emmapapa:20151107165818j:plain

KVK社専用固定ナット取り外し工具G22とシングルレバーカートリッジ取り外し工具G26はこんな感じに使います。

 

 

 

G26を使うときに一工夫いります

KM346は本体後ろに穴があいていて、G26の先にある突起をはめ込むようになっているのですが、うちのキッチンシンクは本体とシンクの立ち上がり部分の隙間が狭いため、そのままでは嵌りません。

 

なので、いったんシングルレバー混合栓本体とシンクの取り付け部分を緩めて、G26が嵌る位置まで回転させました。

シンクとの取り付け固定部分は、シンクの下にあります。

 

ようやくG26が混合栓にはまり、回してみたけど、これがなかなか回りません。

混合栓の固定ナットを、最初になめてしまっていたのもあって、G22金具がすぐはずれてしまうんです。

 

それでも慎重に力を入れて、なんとか外すことができました。

 

あとは、シングルレバーカートリッジを交換するだけ。 カートリッジは台座に乗っかっているだけでした。

 

最後に

交換後は、シングルレバーを回す時のカクカク・キュッキュという不快な感触がまったくなくなりとてもスムーズ(交換したからそりゃそうですが。)で、大満足。

 

今回は、専用工具を買ったので、DIY的にお得感は薄れてしまいましたが、それでも業者を呼ぶと1~2万するらしいとの口コミからすると、全然安くあがりました。

さらに次から工具不要なことを思えばなおさらですね(壊れることを願うわけじゃないですけどね。(^_^;) )