読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

MR.ROBOT : 絶賛苦悩中のハッカー物語が面白すぎる

ライフハック

 アメリカドラマは、もっぱらできるだけ安くまとめてみたい派なんですが、いまハマっているMR.ROBOTは、ナウオンセール(タダですけど)中のドラマです。

 

Mr Robot: Season 1 [DVD] [Import]

 

 

なかなかリアルなハッキングストーリー

 主人公のエリオットは、ITセキュリティ会社に働くエンジニア。

が裏の顔は、サイトやSNSのアカウントをハッキングして個人データを貯めこみ、なにか不正を見つけると警察にタレコミしたりする小粒ハッカーが、巨大企業を相手にするハッキング集団に取り込まれる、というストーリーです。

 

 ハッキング(クラッキング)については、いろんな映画の題材にされて来ましたが、だいたいは適当な描写で興ざめしてました(かつてのハリウッド映画によくある、ありえない日本人みたいな)。

 

 が、MR.ROBOTは、用語や技術も「それなりに」正確に描かれているので、好感がもてます。

 

 

MR.ROBOTのトリビア

 各エピソードの題名ですが、初回が「やぁ、君」だったので、なんのこっちゃと

他の回の題名に違和感があったのでoriginalをチェックしてみたんですが、各回の題名はコンピュータ用語というかネット世界の言葉みたいですね。

 

 「やぁ、君」は、匿名投稿なんかのときの最初の常套句(たぶん)「Hello Friend」。

 

2話目の「1かゼロか」は、日本的には一か八かっぽいですが、オリジナルは「Ones and Zeros」(複数形に注目)で、コンピュータでよく表現される0と1の数字の羅列のことです。

 

 4話目「デーモン」は、「Daemon」で、コンピュータの常駐プロセス(なんと説明すればいいか...)のことです。

悪魔か?と思ったあなた、悪魔は「Demon」なので間違いですよ。

 

 5話目「弱点」なんて、洋題は「exploit」で、いま大流行のサイバー攻撃用語で、どちらかというと「弱点を付く攻撃」のほうじゃないかとおもいます。エピソード中も、弱さを攻めるということを言及しています。

 

 こういうあたり、昔っから映画で「なんでそうなった」と思える邦題でも、よくありましたけどね。もうちょっと気を使って和訳してほしいっす。

 

 あ、ちなみに主人公のエリオットは、ハリウッド映画「ナイトミュージアム」シリーズでアクメンラー役の人です。

 

 

 

毎週水曜配信のMR.ROBOT

 ともかく、リアルさを醸し出しつつ、ぶつくさいいながら自己解決していくハッカーの行く末が気になって、水曜が待ちどおしい限りです。

 

 プライムビデオで配信中なので、アマゾンプライム会員なら只見です。

 みなさんも、観て見てみて。

 

Amazonプライムビデオを見る