黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

ゴールデンウィークにフォレストアドベンチャー小田原に行ってきました

こんにちは

 

去る5月3日のゴールデンウィーク後半の激戦区に、フォレストアドベンチャーに行ってきました。

 

家族も満足ながら僕としても非日常的な体験で、とても楽しかったー。

というわけで、体験レビューです。

 

 フォレストアドベンチャーとはどんなところか

僕は教えてもらうまで、まったく知らなかったのですが、フォレストアドベンチャーは、手軽にアドベンチャー(冒険)が楽しめるのがウリの、アウドドアパークです。

子供も大人も、ハーネス付けてカラビナで安全確保し、木を登ったり、木から木へ移ったり、ターザンしたり、etc...  いろいろな体験ができるようになっています。

具体的にどんなアドベンチャーかというと

百聞は一見に如かず。 こんな森のなかで、木に登って遊びます。

youtu.be

 

動画の本コースに入る前に、練習コースでブリーフィング(説明)と、練習コースを必ず1人1回昇り降りするので、「はーねす?からびな?」という初心者の方でもまったく問題ありません。

僕も、「できるかなぁ(;´Д`)」って思いましたが、カラビナやプーリーを引っ掛けるところは、ちゃんと色分けされているし、すぐ覚えました。

 

子供といえど、容赦なし

フォレストアドベンチャーのもう一つの特徴(と自分でおもう)のは、子供も大人と同じ装備で、同じことをして冒険を体験するというところです。

動画をご覧になるとわかりますが、木々の足場から足場へ、いろんな方法で移っていく遊びなのですが、木から木へ移るのは必ず1人。親が手を取って連れてく、ということは出来ません。

 

でも、子供って適応能力がすごいんですよね。僕も最初は心配しましたが、うちの子はすぐ慣れてはしゃぎまくりでした。

インストラクターが要所要所にいて、手際の確認やアドバイスをしてくれるのも、ありがたかったです。

 

一番面白かったのはやっぱりターザン

これ ↓ 一番のウリです。

youtu.be

このように、プーリーでロープを滑り降りるコースは全部で5本ほどあり、動画は最初の方のコースで、傾斜が緩やかでスピードがあまりでないほうのものですが、それでも、めちゃめちゃ気持ちいいっ!

 

ロープ一本で空を飛ぶ感覚は、かなりオススメです。

しかも先に言いましたが、これを子供1人で渡るわけで、遠くから子供を信じてゴーサインをだすしか無い親としては、子離れ体験ができるのでは?ともおもいます。

 

まぁ、よかったよかった。

 

フォレストアドベンチャーのコースは3つ

難度が高いほうから、アドベンチャーコース、ディスカバリーコース、キャノピーコースとありますが、僕達は小2の子供がいるので、真ん中のディスカバリーコースに参加しました。

小2女子ですが、とても楽しんでましたよ。真顔だったのは本コースの最初の木登りだけ。年齢制限をクリアできるなら、アドベンチャーコースはもっと楽しめるとおもいます。

気になる方、是非チャレンジしてみてください。きっとハマります。

 

フォレストアドベンチャーへのアクセスについて

今回ゴールデンウィーク真っ只中に行ったということもありますが、9時過ぎで、すでに駐車場は満車でした。

臨時駐車場に順次誘導されたので、空車待ちではありませんでしたが、それでもそこから止めるまでに30分ほどかかりました。

駐車場は、フォレストアドベンチャー手前にある「わんぱくらんど」や「いこいの森」と併設されているので、かなり待つことになるとおもいます。

公式ブログによると、

blog-o.foret-aventure.jp

やはり、渋滞で辿りつけない人もなかにはいるんだとか。

ファミリーはほぼ車アクセスとなるとおもいますので、かなり時間に余裕をもったほうがいいです。

うちの場合でいうと、荻窪インターあたりから駐車できるまで1時間かかりました。

公式ブログでは、混雑状況や、気温や服装などについても、頻繁に更新しているようなので、お出かけの前にチェックしておくといいとおもいます。

 

最後に

ファミリーレクリエーションとして、公園やピクニック、テーマパーク以外のアウトドアーは初めてなので、行ってよかったと本当におもいます。

近場には箱根にもフォレストアドベンチャーがあるようですが、小田原のほうが大きいみたいです。

おかげさまで、翌日から全身筋肉痛になってしまいましたけど...。

いや、僕の場合普段の運動といえば、駅のホームまでの終電ダッシュぐらいですからね。運動量としては、適度なアドベンチャーだとおもいますよ()。