読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

ウイスキーのトリビア

こんにちは

  まっさん効果で、巷では空前のウイスキーブームになっているそうで、あまりブームに詳しくない僕(^^;)にも、聞こえてきています。ところで、ウイスキーの英語綴りがWHISKYとWHISKEYの2種類あるのをご存知でしょうか。

 昔バーで聞いたことがあったのですが、違いを忘れてしまってずっと気になってましたが、今回まっさんのこともあってまとめることにしました。 

 

 スコッチはWHISKY その他はWHISKEY

f:id:emmapapa:20150326010424j:plain

photo by Aberlous A'Bunadh Batch 45 Highland Single Malt Whisky

 

 5大ウイスキーと呼ばれる、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、そして我らがジャパニーズ。

 そのうち、ウイスキー発祥を主張するスコッチが国内のスコッチウイスキーだけWHISKYとし、その他アイリッシュ、アメリカン、カナディアンのウイスキーをWHISKEYとした、という説があります。

 逆に、記録上は最古参のアイリッシュウイスキが― 自分で"E"を付けたという説もあるようです。ジャパニーズウイスキーは、ご存知『まっさん』にもあるとおり、スコッチの流れを組んでいるので、ラベルにはWHISKYですね。

f:id:emmapapa:20150326011229j:plain

 photo by Nikka Whisky From the Barrel

 

 アメリカンウイスキーの代表格、世界で一番飲まれているというテネシーウイスキージャックダニエルズはWHISKEY。

f:id:emmapapa:20150326010639j:plain

photo by N02/5912413620

 

バーボンのワイルドターキー、フォアローゼスもWHISKEY。

ですが、アーリータイムズ、メーカーズマークはなぜかWHISKYです

f:id:emmapapa:20150326010850j:plain

photo by Maker's Mark Dipping

 

創業者か関係者が出身を主張して "E"を抜いた、という話をどこかで読んだのですが、調べてもでてきませんでした。

 

なにやらロマンの香りがします。

 

日本語表記も2つ

 ニッカウヰスキーという表記をみたことあるかとおもいます。

 これは、ニッカの創業者の竹鶴政孝さんが、第一号のウイスキーを創った時、「ウイスキーは水が命だから、井戸の井を取ってウ井スキーとしよう。」としたのですが、のちの商標登録の際、役所がウヰスキーとしてしまった。という有名な話があります。

 ところで小さいころ、なんだ「ヰ」って? と思ったものですが、「ヰ」は、「ゐ」つまり、わ行い段のカタカナになります。「お」と「を」の区別よりマイナーですよね。似たものに「え」と「ゑ」があります。

「ヰ」は、いちおう W i という発音になります。

 というわけで、上述ではウイスキーと書いていますが、

WHISKY → ウィスキー → ウヰスキー が 当時としては正しい表記なんでしょうね。

  ヰは、古い意匠や商標登録に見られますが、他に農機具メーカーの「ヰセキ」があります。これは井関農機の井から、カタカナ表記されたものらしいです。

 

 決して、元はイギリスから来たウィセキさんではありません。

  いやぁ、すっきりしました (・∀・)

 出遅れ感満載ですが、みなさんのトリビアになればとおもいます。