読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

犬のヒート(発情期)で知っておくべきこと

避けては通れないメス犬のヒートについて調べてまとめてみました。よろしければご参考にどうぞ。 

 人とは違う犬のヒート

 メス犬は生後6ヶ月過ぎると、体も成熟してきて最初の発情期を迎える準備が整います。エマの初ヒートは生後8ヶ月頃でしたかね。 

 人間とメス犬の生理の違いは以下です。

  •  (人間)受精期間は 排卵後24時間
  • (人間)排卵後に子宮膜が剥がれる(出血)
  • (メス犬) 受精期間は 排卵後4日ほど
  • (メス犬) 出血が止まってから排卵を迎える

  ヒートを迎えたメス犬は、以後、発情前期、発情期、発情後期、発情休止期 を1サイクルとして年2~3回繰り返すそうです。

 図にするとこうなります。

f:id:emmapapa:20150321162321j:plain

 だいたい、出血し始めてから70~80日ほどでしょうか。以下、時期に分けて愛犬がどんな状態になっているのかを記載します。

発情前期~妊娠準備が始まるころ

 だんだんわんこの様子が変わってくるようになります。個体差はありますが、ソワソワしだす、食欲がなくなるなど、変化が出てきます。変化といえば、外見は陰部がぷっくり腫れてきます。

 そのうち出血が始まり10日ほどつづきます。発情前期は、メス犬は受精しないし発情もしません。体内で排卵に備えるよう準備が始まっています。

 それから頻繁におしっこするようになります。おしっこにはフェロモンが含まれていて、オス犬はその匂いで寄ってくるようになります。前述しましたが、排卵前なので、メス犬はオス犬を受け入れず、かたやいらいらしてくる時期なので、近寄る犬たちに愛想がないように思えます。 

出血量は体のサイズで変わってくる

 当然ながら、大型犬になるほど出血量があります。小型犬なら自分で舐めとってしまう程度のこともあるらしいです。うちのエマも、ぺろぺろなめてはいましたけど、それでも床に垂れたり、シーツ、クッションに血の跡が残りました。 

 なので、今回は犬用の生理パンツを準備するつもりです。生理パンツは、紙おむつタイプと、洗ってつかうサニタリーパンツタイプがあるみたいですね。

3/24 追記

 下のパンツは、おむつカバーなんですね。しらなかった(´・ω・`)

 じゃ、どっちも必要か。

  こちらにも幾つか載せてますのでよろしければ。 

schnauzer-emma.hatenablog.com

  

交配しない場合はこの時点からオス犬と隔離すること

 上記の通り、出血し始めのころはメス犬は発情していませんが、それでもオシッコにはフェロモンが含まれているので、匂いを嗅いだオス犬は興奮します。(ちなみにオス犬がヒートアップするから「ヒート」と呼ぶって誰かに教わりました。)

 なので、この時期はオス犬から遠ざけるほうが無難です。

  排卵の準備が整うと血の量も減り血も薄くなってきて、発情期に入るそうです。メス犬が発情しはじめると、ぷっくりした陰部をつついてもいやがらないししっぽが垂れている犬は、オス犬を受け入れるように横にずらしたりするそうで、そういったしぐさで確認できます。

 

発情期~交配の時期

 出血しはじめてから12~13日、発情期にはいってから2~3日で排卵期になります。排卵日入れて5日間が妊娠可能期間になります。換算すると、出血し始めてから10~15日が妊娠可能日ということですね。

 出血がなくなることもあるそうですが、「発情期が終わった」と勘違いしないように。この時期が妊娠期だそうです。

 

発情後期~まだ安心できない時期

 排卵されて妊娠可能日が終わったら発情期は終了ですが、その後60日間ほどは
発情後期と呼ばれています。この時期はホルモンの影響が残っているので、想像妊娠が起こりやすいそうです。 

 ヒートがやっとおわった!と、この時期に去勢・避妊手術を行おうと考える方もいるそうですが、まだ血管が膨れている状態なので、手術は出血が多くなって危険です。動物のお医者さんはよくご存知だと思いますので、よく相談して時期を決めてくださいね。

最後に

 人間とは違ってペットはお話できないだけに、あらかじめ一般的な知識を入れておくと、起きていることも推測できることもあるかとおもいます。

「そういうものらしいから、明日まで様子みてみるか」とか、「聞いていることと、ちょっと違うな~。お医者さん行ってみるか。」とかね。

 ご参考になれば、幸いです。