黒シュナ・エマの日記

黒ミニチュアシュナウザー・エマ と、2児のイクメンとその家族たちのブログです

スポンサード・リンク

ペットと泊まれる宿その3 フォレストヴィレッジに到着

河口湖でバス釣りをした後、ようやくペット同伴OKのフォレストヴィレッジ に到着しました。といっても、夕飯前の結構早い時間でしたけどね。

 富士山にとっても近いリゾートホテル

 フジプレミアムリゾートは、富士山麓にある約5万坪というものすごい広いエリアを使っていろんなスポーツ施設が設営されたリゾート施設です。お決まりゴルフコースやテニスコートに至ってはインドアとアウトドア、さらにはテーブルテニスもあります(^o^)。

 わんこがいるファミリーにとって魅力なのは、フジプレミアムリゾートのホテル棟「スポルシオン」にあるフジプレミアムリゾート わんの宿

 わんこと泊まれる部屋は4人部屋(エクストラベッドあり)で、わんこグッズはトイレトレー、さんぽグッズ(カバンやうんち袋とか)、ウェルカムおやつまでついてます。

森と水辺に立ち並ぶコテージ フォレストヴィレッジ

f:id:emmapapa:20161017143746j:plain

 今回ぼくたちが泊まったのは、ホテル棟「わんの宿」ではなくて、2つだけある犬と泊まれるコテージ、フォレストヴィレッジです。

 ダブルベッドのルームとツインベッドルーム、それぞれの部屋にバス・トイレ、真ん中に大きなリビングがあるとてもゆったりとしたコテージで、まさにリゾートに来たなあ、と思える癒やし空間です。

 アメニティ類は全完備、最近トイレがウォシュレットになったのが僕的にはとてもうれしいっす。。部屋の写真撮り忘れたので公式HPからお借りしました。

f:id:emmapapa:20161020010042j:plain

(出典:富士山 河口湖 ホテル | フジプレミアムリゾート

 ヴィレッジはもう10年ぐらい使ってますが、ペットと泊まれるようになったのはここ2,3年ぐらいですかね?いちおうリゾート内にはペットホテルもあるのですが、やっぱり一緒の部屋は安心できます。

 森の中にコテージが展開している様は、とても幻想的です。

f:id:emmapapa:20161017143752j:plain

 あとうれしかったのは、ペットへのウェルカムおやつ。

 恋するジビエ研究所というところの、フジの鹿肉入りクッキーでお迎えしてもらいました。なんでも鹿肉は、豚肉や牛肉にくらべカロリーや1/3、脂肪分は1/15と高タンパク低カロリーなので、ちょっと太り気味のわんこにぴったりなんだそうです。

 さらに、鹿肉の不飽和脂肪酸は、魚に多く含まれるオメガ3必須脂肪酸で、皮膚の炎症を抑える働きがあるため、牛肉などを控えているアレルギー体質のワンコにも有効なんだとか。

 恋するジビエ研究所 | 山梨県富士山北麓を中心にエシカルな活動をおこなっています。大切な家族(ペット)のために、安心安全な鹿肉を富士北麓から。

f:id:emmapapa:20161017143736j:plain

 エマは、かつて血液検査で肝機能の数値がイエローだった(犬の血液検査(GPT:肝細胞酵素)の値について)ので、市販のジャーキーとかおやつは止められていたのですが、こういった無添加のものだと安心ですね。

最後に

 フォレストヴィレッジ泊の翌日はあいにくの雨で、どこにも寄れずに帰宅の途につきましたが、これから富士山麓は紅葉で、リゾートエリアとしてはぴったりのシーズンです。今年は恒例のスキーができるかわからないのですが、エマと初フォレストヴィレッジでいい体験ができました。